ニュース中毒

大人であることに違和感を感じることがある。いよいよ就職という段になって、悪者にはなりたくないと、強く願った結果、子どもと接する仕事を選んだのも、自分が大人になりきれなかった証なのかもしれない。

 

「ひどいニュース中毒にかかっていたことがあるんだよ。」「次から次に、たえず新しいニュースを仕入れつづけていないと、なんとも不安でたまらない。」 「笑いごとじゃないよ、当人にとっちゃ深刻な話さ。ニュースを読んだり聞いたりするだけで、一日の大半がつぶれてしまうんだからな。」

「自分で自分の意志の弱さに腹を立てながら、それでも泣く泣くラジオやテレビから離れられない。もちろん、いくら漁りまわったところで、べつに事実に近付いたわけじゃないくらい百も承知していた。承知していながら、やめられないんだ。」

「ぼくに必要なのは、事実でも体験でもなく、きまり文句に要約されたニュースという形式だったのかもしれない。つまり完全なニュース中毒にかかっていたわけさ。」 (安部公房 「箱男」昭和57年)

 

ニュースという、操作された情報を鎧のように身にまとった大人は、そのソースがもっともらしいものなら、正しいかどうかの裏付けも必要としない。世論とい う、本来は、特定の人間たちの利益誘導でしかない情報の海を、ただ、泳いで渡るだけで、大人の責任を果たしていると、思い込んでいるのだ。

純粋な子どもの心の持ち主ならすぐわかる。考えてみよう、何が正しく、何が間違っているか。放射能は危ない。毒を飲めば死ぬ。戦争は自分たちのために行わ れるのではない。幸せは他人との生活レベルの比較ではない。お金はただの通貨で、それ自体に何も意味はない。陸、海、空は誰のものでもない。

ニュースを捨て、子どもに戻ったとき、ぼくらは、自由になる。何も怖いものはない。本当の答えは、きっとそこにある。 正しい心を持ち、みんなで、同じゴールを目指すことこそが、この難局を乗り切る鍵だ。惑わされるな。

 

カテゴリー: BOOK, POLITICS パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中