ギター少年の子守唄〜最終回〜

中3になる手前で、水泳は引退した。その話はまた別の機会に書くとするが、一応、理由は高校受験だった。

しかし、俺とムコシンはある計画を秘密裏に進めていた。

「バンド組まないか?」

禁じられた遊びも少し弾けるようになっていた僕は、やっぱりバンドでロックギターを弾いてみたいと考えるようになっていた。後押ししたのは、ある雑誌の創刊とMTVの日本上陸だった。

1984年に創刊された、日本初のHM/HR専門誌BURRN!LAメタルと呼ばれる大きなムーブメントの到来の真っ只中での創刊だった。創刊号の表紙でオジーの隣におさまっているのは、Jake E Lee。当時のシーンを象徴する一枚。

MTVは、小林克也のベストヒットUSA、ソニーミュージックTV、ミュージックトマトなどと並んだ形でいわゆる洋楽番組として登場したように思われたが、最初からHMシーンのトップランナーたちもレコメンドし続けたところが、ビルボード寄りの他の番組とは一線を画していた。中でも僕らの心を鷲掴みにし、バンド結成へと弾みをつけたのは、Twisted Sisterだった。

mtv-s-30th-anniversary-has-youtube-killed-the-video-star-46cfabcc26-640x360

1985年3月、人気絶頂期の彼らが日本で初来日コンサートを行った。それは、同時に僕が観た最初のロックコンサートだった。

Twisted Sister / We’re Not Gonna Take It

プロモーションビデオから飛び出したままの彼らの凄まじいステージに圧倒された僕らは、バンド結成の決意を固くする。そして、中3になり、池田先生にある相談をもちかけた。


 

「先生、音楽室にドラムセットを入れてくれないか?俺たちバンド組みたいんだ。」
先生は少し考えた後、ゆっくりとうなづいて「わかった。何とかしよう」と言ってくれた。実は、先生はポケットマネーでドラムセットを買う決意をしてくれていたのだ。僕はこのことについての感謝を今まで忘れたことがない。

そして、バンドのメンバーが最終的に決まり、器用なムコシンはドラムに。ベースはミザセン、ボーカルはミツヒロになった。僕はギター担当になった。『どうせ弾けるわけない』から始まって、ここまで来た。実はこのとき、間違えて我が家にやってきたYAMAHAのフォークギターが大いに役立った。フォークギターならロックギターも練習できる。タブ譜というのをみながら、寝るまで、いや半分寝ながらでも練習した。弦が太いから指先もどんどん固くなる。弦の交換もやっとこさっとこだったが自分でできるようになり、もうサビサビじゃない。近所のレコード店でピックを1枚だけ買って準備万端だ。

いよいよバンドで合わせようとなると、フォークギターじゃやっぱりできない。エレキギターは流石にその辺にはなく、数学の山本先生がTokaiのテレキャスターを貸してくれた。こんなサポートも忘れられない。ものすごーく嬉しかった。(山本先生は大学生の時、戸川純とバンドをやっていたと言っていた。楽しい先生だった。)

SONY DSC

Tokai のテレキャスター。国産でも名器と名高い。写真はイメージ。

受験勉強そっちのけで、昼休み、放課後と音楽室、音楽準備室をジャックして練習した。バンド名は、その頃の旬なアイドルタレント、斉藤由貴から「Melted Snow」と名付けた。

img_0

一橋大学の学園祭にも行ったりした。


 

ギターのあのかっこいい音を出すにはエフェクターというのがあるんだそうだとか、色々調べたりしながら、毎日は楽しくあっという間にすぎていく。

そんなある日、池田先生が僕らにすごい話を持ってきた。
「昭島市民会館の小ホールで3月に青少年フェスティバルというイベントがある。お前ら、出演するか?」
僕らは二つ返事で「やる!やる!やります!!先生、神様、お願いします!!!うわぁお!!!」
これは、もう受験どころじゃなかった。

とはいえ、無事に高校にも合格。お袋がなんと合格祝いにエレキギターを買ってくれると言った。飛び上がるほど嬉しかった。

2016-02-25 13.11.59

高2くらいかな。フェルナンデス King V。米国製Jackson King V のレプリカ。実はすごく高かった。

そして卒業を間近に控えた3月。Melted Snowは初ライヴを敢行し、メンバーはそれぞれの高校へ。バラバラになった僕らが再びライヴをやることはなく、事実上の解散となった。

その後、池田先生のギター教室でギターを習っていた連中がどうなったか分からないが、あれから30年近く経った今も僕はギターを弾き続け、自分が日々成長していくのを楽しんでいる。

人生、何がきっかけになるかわからない。


 

というわけで、長々お付き合いいただきありがとうございました。これでギター少年とギターとの出会いの話はおしまいです。最後は貴重な映像でお楽しみください。笑っちゃうほど下手ですが、本人はすっかりその気になってます。

<Special Thanx>
この映像は、中学時代の友人ウエッチが当時の映像をDVDにしてくれたものです。それを僕がYoutubeに上げました。ウエッチは兄貴からベースを借りてくれたり、当時も色々と協力してくれました。今回、この話をブログに書こうと思ったきっかけになった映像です。この場を借りてお礼を言います。どうもありがとう。

<Caution!>
3曲演奏しています。1曲目のShout At The Devil / Motley Crue は、原曲のチューニングが半音下げなのですが、知らずにタブ譜だけみて、レギュラーチューニングで演奏していたため、ボーカルの音が全然合ってません。ミツヒロの名誉のために言っておきます。2曲目、Leader Of The Pack、3曲目は先出のWe’re Not Gonna Take It 、ともにTwisted Sisterの演奏をコピーしました。

<Behind the Sheen>
メンバーみんなで原宿に衣装を買いに行き、駅前テント村で不良に囲まれカツアゲされそうになるという事件も起きました。今となっては楽しい思い出です。

 

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中