ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち

劇中に出てきた人物や史実についての参考を上げておきます。

アイラヘイズ父親たちの星条旗」 (クリントイーストウッド監督作 2006) アイラヘイズ役は、劇中でインタビューにも答えているアダムビーチ。※ネイティブアメリカンは戦争に参加したのか?という視点もあると思うので、同じくアダムビーチが出演している「ウインドトーカーズ」をオススメします。

ウーンデッドニーの虐殺」劇中に出てくる遺体の写真の一つがオグララ・スー族ミネコンジューのビッグフット。厳寒の中での虐殺だったので遺体が凍っている。参考文献わが魂を聖地に埋めよ 上 (草思社文庫)

ラストワルツ」(マーティンスコセッシ監督 1978) 劇中でも映像が紹介されているザ・バンドの解散コンサート、言わずとしれた音楽ドキュメンタリー映画の金字塔。ロビーロバートソンがネイティブアメリカンだとは知らなかった。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中