サクサクいける心持ち。

「それ」は突然やってくる。

いつも心待ちにしてるんだけど、残念ながら「それ」が訪れるタイミングは、自分ではわからず、(どうやら忙しくなるとやってくるらしいことは薄々感じているんだけど)コントロールできたらなあ!と思っている。

「テンション」とか「アドレナリン」とか「ゾーン」とか、あるいは先人たちなら「メートル」と言っただろうか。とにかくアッパー(上がるぜ!)状態が「それ」の正体だ。

人と比較したこともないのでよくわからないが、僕は「それ」がやってくると「サクサクいけるっ」っていう状態になる。頭がスッキリし、物事がクリアに見え、仕事だろうが遊びだろうが、ものすごく順調に物事が運び、次から次に片付いていく。そういう状態のことだ。

きちんと検証したことはないけれど、どうやら忙しくやってるときに来ることが多いようだ。合間を縫い、分刻みで物事にとりかからねばならないような時、あるいは、どこかに出かけることが決まっていて、その準備をせわしなくしている時、突然やってくる。

例1)試験勉強をしなけりゃならない!やばい、時間がない!しかしなんだって俺は突然散らかっていたマンガを整理し始めたんだ⁉︎ はじから1巻、2巻、あれ?3巻無いじゃん!誰かに貸したっけ⁈あいつだ!そうだ…

例2)このままじゃ、大事な会議に遅れちまう!なのになぜ俺はおもむろに切れた電球を交換してるんだ!電球換えたら、部屋がよく見えるぜ!あ、なんだこのシミは!こういう時は意外と歯磨き粉がいいんだな、うふふふ…

こういう状態にものすごく近くて、しかも全て上手く運ぶ。これが「サクサクいける」なのです。

という訳で今日は、仕事を終え、分刻みのスケジュールで新宿まで行き、映画を立て続けに二本観た。もちろん、仕事はきっちり終えて。全く我ながらすごい。

とはいえ「サクサクいける」は、後から襲ってくる倦怠感がすごいのだ。適度に適度に…

が!できないんだー!うおー!! さ、次は何をしよーかなー!そうだブログだ!ブログ書こう…

広告
カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

あっという間に。

img_6076.jpg

暑いとか涼しいとか、つかれたとかそうでもないとか言ってたら、もうなんだか冬の足音が。早いですよねぇ。1年。

あれやこれや手を出してると、忙しいんですけど、まぁ充実もしてます。

なかなかブログの更新もできなかったんですけど、HPなんかちょっとキレイにしたら、少し気分がスッキリしたんで書いてみてます。

あ、昨日のシャックのライヴ。ご来場ありがとうございました。みなさんに褒めていただいたりして、BADGEも良い感じになってきました。

次は、いよいよBADGEで渋谷テラプレーンです。12/23(土)。忘年会シーズンだったり、やれ、なんだったりしますが、遊びに来てください。よろしくです。

空気が冷たくなってきましたから、風邪引かぬようにしてくださいまし。

ほんではまた。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

今月のライヴ!!

ちょっと今月はライヴが多いので、まとめておきます~!会場でお会いしましょ!

DSC07828

Pix  Hiro Ugaya

9/16(土) Soul Fussa Street Friends @ Yokota Friendship Festivel 野外ステージ
往年の Soul Music を地元福生のミュージシャン達と演奏します。入場 無料 18時スタート

 

17457407_747768388732419_765403723830977307_n

Pix Kazuki

9/18(月・祝) BADGE Acoustic Style @ Lotus Dining Fussa 4周年パーティ
僕がちょくちょく顔を出してるロータスさんの4周年パーティに、BADGEのメンバーとお祝いに駆けつけます。飲み放題食べ放題 前売3000円 当日3500円 19時スタート

 

20130825_231316000_iOS

pix Kanizaka Rock Fes

9/23(土・祝) おめでとう!BADGE 結成25周年、再結成5周年 @ Chicken Shack, Fussa
20代に始めたバンドBADGE。なんと今年で25周年!みんなでパーティしよう!
チャージ¥2,000(1ドリンク付き) ゲスト チャリバンド、カニバンド

よろしくっ!

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

感動ポルノが国を滅ぼす

世田谷の中学生ジャズバンドのビンタ事件。「ビンタはありか、無しか」みたいな議論が白熱してますが、僕は違う視点から一言。

大人が何かを仕掛け、子どもたちが懸命に取り組み、それを見ている大人が感動する。こういった構造はこの国によく見られる光景です。たとえば、甲子園。たとえば、運動会。そういうテレビ番組も良く見かけますね。

問題は、この構造には必ず暴力が隠蔽されているということです。もっと言えば、大人たちは、子どもたちが肉体的、精神的ダメージにあえげばあえぐほど、感動する。僕からすれば、こんなものに付き合わされる子どもたちが気の毒で仕方ないです。スポーツだろうが芸術だろうが、大人のワガママのために子どもが犠牲になるのは極めておかしいです。

ジャズをやりたければ自分でやればいいんで、わざわざ枠組みを用意する必要ない。特に指導なんていらないはずです。自分で覚えますよ。それをあえてあの形でやる意味はまさしく感動ポルノだと僕は思う。

日本人が大好きな特攻に感動しちゃうマインド。この要素を考えてみれば、「若者」「命がけ(肉体的、精神的困難)」「みんなのため(集団性)」みたいなキーワードが抽出される。テレビの制作者はこういう仕掛けで番組を作れば人々は感動するとわかっていますよね。

戦前、戦後を問わず、こういう装置は日本のあちこちに見られます。そして、大人がこういう仕掛けを作り、子どもたちに「やらせれば」なにがしかの人格形成につながるとか建前を言うんでしょうが、ハッキリ言いましょう。そんなの嘘っぱちです。全く定量的に計れない。「良い人格」なんてものは誰にも定義できないんですよ。だから、本当は大人たちが子どもたちを苦しめ「感動」したいだけなんです。

オリンピック、甲子園、運動会、いやもう挙げるのはやめます。キリがない。

こういう構造で、あのジャズバンドは成り立っているから、日野さんは怒り、叩いたわけでしょう?あれは、旧日本軍そのままじゃないですか。そういう構造のものを見て、日本人は感動するんです。21世紀になっても。

これは右翼だ左翼だに関係なく、日本人が今もって理解しようとしない大きな問題の核です。このまま行けば、また、日の丸を振って若者を戦地に送りだしてしまうんだろうと、容易に想像ができる。

確かに戦争を指導した軍部、政治家、官僚、マスコミ、色々問題はあると思います。でも、もっと問題であったのは、感動ポルノという装置、構造に心を動かされてしまう我々市民だったのではないですか?

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

波あるんだよ。今年は。

 

こんなに毎日波あるなんて、初めてかも。

疲労もハンパないけど、がんばって遊びます!

合宿、明日までだー。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

下田は快晴


合宿も3日目に突入。さ、今日も楽しくやろうー🎶

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

Summer Swim Camp 


恒例の夏合宿が始まりました。下田敷根公園室内プールです。いつもながら最高の環境、最高のロケーション。ありがとうございます。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ