第54回スーパーボウル(Super Bowl LIV)

素晴らしいゲームだった。フロリダで2月2日に行われた、第54回スーパーボウル(Super Bowl LIV)はカンザスシティチーフスの逆転勝利で幕を閉じた。

https://www.afpbb.com/articles/-/3266375

NFL誕生100年を祝う年のゲームで50年ぶりの出場となったチームがビンスロンバルディトロフィーの栄冠を勝ち取る。そしてまさに新時代を感じさせる24歳のQBパトリックマホームズは、QBとしては最年少でMVPを勝ち取った。

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/02/03/kiji/20200203s00040079253000c.html

また名将と呼ばれながらもスーパーボウルだけは勝ったことがなかった。アンディリードHCは21年越しの悲願を達成した。

https://spread-sports.jp/archives/40808

まさにNFL史に残る名勝負を決めたのは、ゲームを冷静に見ていたこの2人のコンビネーションであったろう。

前半こそイーブンで折り返したものの、サンフランシスコの第3Qの攻撃は、ゲームモメンタムを完全に支配したように思えた。だが、第4Qのマホームズの動きに焦りはなかった。

4Qに入り、見違えるようなプレーを展開した。1020の残り613秒でTEケルシーにTDパスを通すと、同244秒ではRBウィリアムズに逆転のTDパス。第3QまでTDパスを通せなかったが「それでも仲間が信じてくれた。諦めずにやったことで、勝利への道が見つかった」と感謝した。

https://www.nikkansports.com/sports/news/202002040000097.html

プレーオフ、カンファレンスチャンピオンシップでも逆転で勝利を手にしてきたマホームズは決してスロースターターなのではなく、常に自分たちの勝利を疑わず、相手チームの動きを冷静に分析し、活路を見出す天才的なゲームメーカーなのだと思う。
彼の素晴らしさは、フットボールのみならず、野球、バスケットボール、どのスポーツでも証明されたものだが、ずば抜けた運動能力の高さに加え、ゲームメーカーとしてのセンスが卓越しているところにあるのだろう。この若者はこれからのフットボールのあり方すら変えるかもしれない。


ところで、少し気が早いが来シーズンの話。個人的には昨年度のスーパーボウル出場チーム、ロサンゼルスラムズを応援したい。NFC WESTはサンフランシスコ49ers 、シアトルシーホークスと群雄割拠で勝ち上がるのが難しいが、史上最高の建設費をかけて完成間近の新ホームグランド、ソフィスタジアムも楽しみだ。

来年もNFLから目が離せないぞ!

カテゴリー: FOOTBALL, SPORT | コメントをどうぞ

集団のあり方、リーダーのあり方

自分の行動を考える上で、基軸となるのは欲求だ。
食事する、排泄する、寝る、といった一次的欲求(生理的欲求)は、他者との関係性を伴わないが、食事を作ることができない、トイレまで行けないとなってくると一次的欲求を満たすためにも、他者の手伝いを必要とする。つまり一次的欲求ですら他者の手を借りずに満たすことは難しい。

二次的欲求(心理的欲求)は、社会との関わりの中でこそ充足されるので、他者無くして語ることはできない。仲間、友だち、同志、あるいは競争相手、ライバル。色々な階層、場面で登場する人々を必要とする。
つまり、人間は「こうしたい」「こうなりたい」「こうありたい」と一人で考えたとしても、行動に移す段階においては、ほとんどの場合、他者の力、存在なしに実現することはできないということだ。

では、個人の目標を達成するために、どのように他者から協力を得れば良いのか。どのような集団を形成すれば良いのか。

食事を作れなくとも、お金を払えば食事ができる。服が縫えなくとも買えば着るものがある。お金は欲求を充足する上で、最も容易な方法と言えるだろう。ところが、友だちも仲間もライバルもお金で買うことはできない。一方で、会社など利害関係がはっきりしている場合の協力関係や、利害関係がなく同じ目的を持った集団であれば、お金を使わずとも関係を築くことが可能だ。
ここにチームという考えが生まれる。

チームには集団的目標が必要だ。リーダーたる人物は、この集団的目標を常に明確化し集団を形成しなくてはならない。しかしここで重大な問題がある。
強制的であるか、自主的であるかだ。

強制力を行使して集団をまとめ上げ目標を達成しようとする態度は、もはや前近代的であることは言わずもがなだ。(こういった手法に執着する人たちが一定数いることは理解しているが、手法そのものに理解を示すことは到底できない。なぜなら、歴史を振り返れば、どんなスパンにせよこの方法は失敗し犠牲者を生み出しているからだ。)
また、カルトに代表されるように、強制力と自主性を混沌とさせる形の集団があるが、それは人間が持つ「信じる力」の悪用でしかない。本来、目標とは「そこに向かって進むことを指す」のであり、「100%必ず達成されるもの」のことを指すのではない。
リーダーが成功をちらつかせ、その方法を知っているとうそぶき、自らを信じさせ集団を形成するといった方法を用いている場合は、カルトもしくは詐欺集団である。この点は重要なので指摘しておく。

自主性と共通目標だけで集団を形成する。そこには試行錯誤があるだろう。
リーダーは自ら行動しなければならない。そして場面によっては慇懃に協力を願い出る態度も必要だ。
互いに思いやり、差別なく、仲間同士で背中を押してやれるかどうか。集団の一員として自分の責任を果たせるかどうか。結果に対して寛容であるかどうか。外部に対して閉鎖的になっていないかどうか。

新しい時代にフィットした集団のあり方、そしてリーダーのあり方。常に考える必要があるのではないかと思う。

カテゴリー: JOB, Uncategorized | コメントをどうぞ

白浜

年始合宿も無事終了。今週から始まるゲームで良い結果が出ると思います!知らんけど。

サーフィンも充実。三日間お世話になりました。もっと練習してまた帰ってきます!

みなさんにも白浜の素晴らしい海をお裾分け。

カテゴリー: JOB, SPORT, SURF, SWIM, Uncategorized | コメントをどうぞ

朝焼け

部屋の窓から。流れ星をみようと起きてみたらもう夜が明けていました。でもそこにはキレイな朝焼けが。伊豆で過ごす時間はいつもより少しだけゆっくり流れている気がします。

カテゴリー: JOB, SPORT, SURF, SWIM, Uncategorized | コメントをどうぞ

恒例の年始合宿

2020年も1日から仕事を再開。選手たちも昨日から練習を開始し、今日から恒例の冬季合同合宿に入りました。

伊豆は暖かく水泳の合宿には最適の環境です。結果につながるよう、最善を尽くします。

僕は白浜で初乗り。気持ちの良いお正月です。

カテゴリー: JOB, SPORT, SWIM | コメントをどうぞ

あけましておめでとうございます。

今年も自分のペースで適当にやります。怒らないで見守ってください。

誰にとっても生きやすい良い年にしましょうね。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

UZU Xmas party

12.21 はUZUでクリスマスパーティーでした。秋山さんと2人、アコースティックスタイルで参戦。

狂育委員会 末弘さん撮影

末弘さんって普通の顔で写らないんだな…w

楽しい夜でした!ご来場のみなさん、どうもありがとうございました!

カテゴリー: BADGE, LIVE, MUSIC | コメントをどうぞ