SHIMODA GW swim camp

恒例のGW合宿に来ています。良い天気! 楽しんでまーす。

広告
カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

善と悪の経済学

善と悪の経済学 https://www.amazon.co.jp/dp/4492314571/ref=cm_sw_r_cp_api_i_RASSCbKJ3AEE8

面白かった。今まで経済学に抱いてきた違和感はこれだったと思う記述があった。

友情や倫理観が僕の中で最も大きな位置を占めているのは間違いじゃないと教えてくれた。

続編も読んでみよう。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

4月です。

多忙を極めております。澤田です。

クラブも大学もまさに新年度。新入生を迎えての新チーム作りが始まったばかりです。

緊張の面持ちなのは、子どもばかりではなさそうですが、心配なんてするだけ無駄なので、瞬間瞬間を楽しんでいけたら良いですね。

かくいう僕も緊張するタイプ。ただいつ何時もというわけじゃなく、どんな状況の場合かを知っているので、出来るだけそういう場面を避け、焦らず済むよう心がけています。

でも、いつも時間を守れないんだよなぁ。わかっていてもなかなか治らない。みなさん、すみません。と先に謝っておきます。

今年は寒さのせいか、桜の花が長く持っていて良い気分です。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

ブラック・クランズマン

数々の話題作を世に送り出してきたスパイクリー監督の初オスカー獲得作品が本作である。
斬新な映像や新しい手法を積極的に取り入れることでも知られている彼が、本作では実にオーソドックスな手法で差別、ヘイトの問題をじわじわと丁寧に描き出す。それがむしろ新鮮でラストシーンまで一度も気を抜くところが無かった。
アメリカだけでなく、世界中で、もちろん日本でも、人々の分断は大きな社会問題になっている。この作品を観た一人でも多くの人が差別やヘイトに真剣に向き合えるようになることを祈ってやまない。まさに、オスカーにふさわしい、いま観るべき映画だ。
個人的には、サントラの素晴らしさとハリーベラフォンテの登場に胸が熱くなった。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

春季ジュニアオリンピック

久しぶりに辰巳に来た。オリンピック前の改修工事が終わり、この春季ジュニアオリンピックから運営を再開した。通りを挟んだ隣の敷地では東京オリンピックの競泳会場となるアクアティックセンターの建設が続いている。

公共の箱物は作るのに税金が投入され、維持のためにも税金が投入され、改修にも税金が投入される。なんのリスクもなく、誰も責任を取らない箱物ビジネスの実態。

納税者たちは、お上がやることは公益目的なのだから間違いないと盲信し、一部の人々だけが旨味を得るある種のビジネスが水面下で行われているなどとは微塵も思わず、税金の使途に注意を払うこともない。

「なんて美味しいビジネスなんだ!」と高笑いする連中が心待ちにしている東京オリンピックまであと一年と少し。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

下田春季合宿

最高の環境に恵まれています。実りが多い合宿になりました。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

子どもたちの人権

「起こってしまったことは仕方がない。」これはわかるのだけど、だったら次は「起こらないようにするにはどうしたら良いか。」という話をしなければならない。

巷では「なぜ起こってしまったか。」という議論が始まっている。そうすると必ず「誰が悪いのか」という話になるが、左右は見ても上下は見ないことがほとんどだ。

子どもの虐待について考えてほしいのは、子どもたちが自力でそこから抜け出す術を持っていないということなのだ。そもそも子どもは「未熟な存在」として差別されている、こう考えるのは変だろうか。

いじめや虐待を受けている子どもたちが通報できるのは、学校の先生だけという現状がおかしいのではないか。僕はそんな風に思っている。

子どもたちの人権。子どもも含めて一緒に考えてみたい。


カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ