歌ものとしてのYMO

高橋幸宏さんが亡くなった。僕ら世代のミュージシャンで、たとえば好きなジャンルが違っていたとしてもYMOの影響が全くないなんて奴は皆無だろうと思う。

けれど、何に影響されたとか、どんなところが好きだみたいなのはそれぞれ違うんだと思う。日本音楽シーンの巨人が3人もいるのだからそれは仕方のないことだ。

僕は、音楽チャート番組に出てきたYMO、そう、インストではなく、高橋幸宏さんがメインボーカルをつとめる歌ものとしてのYMOが大好きだった。

もうこんな人は現れない。残念で仕方がない。


      See how the world goes round
      You’ve got to help yourself
      See how the world goes round
      Then you’ll help someone else

      ピカピカの靴を脱いで

      煙草を消して

      大事な指輪をはずしたら

      七つのボタンをはずし

      生まれたままに

      生きてる自分を

      愛してみよう

      See how the world goes round
      You’ve got to help yourself
      See how the world goes round
      Then you’ll help someone else

      自慢のバッグを置いて

      ルージュをとって

      涙の真珠をふいてみて

      上手な化粧をおとし

      心の奥を

      鏡の中に映してみよう

      See how the world goes round
      You’ve got to help yourself
      See how the world goes round
      Then you’ll help someone else

      上手な化粧をおとし

      生まれたままに

      生きてる自分を

      愛してみよう

      See how the world goes round
      You’ve got to help yourself
      See how the world goes round
      Then you’ll help someone else

      See how the world goes round
      You’ve got to help yourself
      See how the world goes round
      And you may help me

作詞 細野晴臣/ピーターバラカン 作曲 坂本龍一/高橋幸宏

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中